さくら介護ステーション ›› トップページ ›› ご利用までの流れ

ご利用までの流れ

1. 申請
申請には、(1)認定申請書、(2)被保険者証、(3)主治医意見書が必要です。

市区町村で申請書をもらい、主治医の氏名と病院の名称など、必要事項を記入したら、介護保険証とともに提出します。

さくら介護ステーションでは、無料で申請代行も承っております。その場合には、認定申請書の中に委任状の欄がありますのでご記入頂き、ご依頼下さいませ。
2. 認定調査
市区町村の職員や、委託された調査員が電話で予約した上で訪ねてきて、日常生活の様子や心身の状態や介助の方法などについて、動作の確認や聞き取り調査を行います。

個人の具体的な状況は特記事項として記録されます。訪問時間は、30分から1時間程度です。
3. 認定結果
認定調査の特記事項、主治医の意見書を元に、保健・医療・福祉の専門家からなる介護認定審査会で判定が行われます。
4. 通知
認定結果は原則として申請日から30日以内に郵便で通知されます。

介護保険証も一緒に郵送されてきます。
5. 居宅介護支援事業所の選択と契約
「要介護」と認定された場合は、さくら介護ステーション八幡西と契約を交わします。

さくら・介護ステーション八幡西では、信頼のおけるケアマネージャーさんに、依頼をしています

「要支援」と認定された場合は、地域包括支援センターの保健師などが介護予防ケアプランを作成します。
6. ケアプランの作成
「要介護」の場合はケアマネージャーが訪問し、相談しながらケアプランを作成します。

「要支援」の場合は地域包括支援センターの職員らと一緒に介護予防プランを作成します。
7. 介護サービス利用開始
契約を交わした後、サービスが開始されます。

ケアプラン内容は随時、見直して変更する事ができます。(その度毎に、申請が必要です。)
介護度利用できるサービス
要介護1~5介護サービス(介護給付)を利用在宅サービス・施設サービス・地域密着型サービス
・ホームヘルプサービス
・デイサービス
・グループホーム
・訪問看護
・訪問入浴
・ショートステイ
・福祉用具貸与
・住宅改修
・施設入所
・デイケア
・小規模多機能
要支援1・2介護予防サービス・地域密着型介護予防サービス
非該当(自立)市町村が行う機能向上などの介護予防プログラム
8. 認定の更新
新規に認定を受けた場合は原則6ヶ月で、更新の場合は12ヶ月ごとに認定の見直しが行われます。

状態が悪化した場合は、早めに見直しを申請することもできます。